高知大学 文部科学省 大学教育再生加速プログラム

メニュー

授業公開週間「FD・SDウィーク」を実施しました

授業公開週間「FD・SDウィーク」を実施しました

投稿日:
カテゴリ:

 本学は、平成29年6月12日(月)から7月31日(月)にかけて、平成29年度「FD・SDウィーク(授業公開週間)」を実施しました。この取組は、文部科学省の平成28年度大学教育再生加速プログラム(AP)高大接続改革推進事業「テーマⅤ 卒業時における質保証の取組の強化」への採択を機に昨年度より始まりました。
 従来の相互授業参観を拡大し、全学部同時期に授業を公開・参観するという試みであり、教育の中の大きな柱である「授業(講義)」を全教職員が参観する機会を設けることで、教員は「教育改善(=FD)」、職員は「大学運営への理解及び業務への反映(=SD)」の促進を図ることを目的としています。
 今年度は、42科目(延べ99回)が公開され、教職員約350名が参観しました。参観者からは「他の教員の講義を聴く機会がなく、こうした取組があると参加しやすい(教員)」、「他の教員の授業を聴くことは、とても有用であった(教員)」、「事務職員の立場で、授業に参加できる機会は少なく、非常に貴重な経験になる(職員)」といった声が寄せられました。参観期間の設定や参観環境の改善を求める意見等もあり、今後の実施に向けて引き続き検討を行っていきます。

【申込用Webページ】(参観申込やコメント記入を行う専用ページ)

20170825FDSDweek_1.png


【参観の様子】
20170825FDSDweek_2.png
20170825FDSDweek_3.png



平成29年度FD・SDウィーク報告(PDF形式)